失敗しない通信教育の選び方!

世の中には、多くの資格系サイトがありますが、
通信教育の選ぶポイントを 本質的に教えているところはないと思います。
ほとんどが、ただの学校紹介であったり、的外れなポイントだったりします。

これから紹介する通信教育の選ぶポイントは、
教材の中身がわからなくても見極められることですので、素直に受け取って下さい。
そこで、自分考えを入れてしまうと間違った方向に進む可能性があります。

1、講師の顔を見ながら、講義を視聴できること
講義を視聴できることは当然だとして、重要なのは講師の顔を見ながら、
講義が視聴できることです。
中にはCDの音声だけもありますが、それだと記憶に残りにくく学習効果が落ちてしまいます。
ただ、例外として外出先で勉強する場合は、CDでも構いません。
しかし、基本はDVDやパソコンで講師の顔を見ながら学習できる事です。

2、通信教育専用に撮影していること
通学講座が提供している通信教育にありがちですが、
教室での講義をそのまま撮影しているものがあります。
しかし、それだと講師と目線が合わず、実際に講義を受けているような気分になりません。
そのため、勉強の理解力が下がり、学習効果が落ちてしまいます。
また、雑音が入ることがあり、集中して勉強することも出来なくなります。

3、講義はハイビジョン撮影していること
上記で説明したように、教室で講義をそのまま撮影したものや家庭用のカメラで撮影したものは 映像に迫力がなく、見ていて眠くなります。
しかし、ハイビジョン撮影していれば、映像に臨場感が出て、
その場で講義を受けているような感覚になります。

4、テキストはフルカラーになっていること
モノクロのテキストのように紙面が単調だと、学習意欲がわかず、理解するのも大変です。
しかし、フルカラーになっていれば、脳に刺激が加わり記憶力がUPします。

5、質問受付に対応していること
あれもこれも質問するのは、思考力が失われあまりよくありませんが、
それでもいくつかは疑問がでる事もあると思いますので、 その時に必要になります。

6、受講料の価格は気にしないこと
受講料を気にしないというのは、高ければ良いとか、
安ければ悪いとかではないということです。
例えば、通学講座が提供している通信教育は高いと思いますが、
あれは内容が充実しているからではありません。
通学の生徒に合わせているから高いのです。
何故なら、通信教育を安くしてしまえば、通学の生徒が通信教育に流れてしまい、
高い賃料が払えなくなるからです。

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は、企業で働く従業員を法律的な面からサポートするお仕事です。 一般的には独立開業型の資格ですが、企業や社会保険労務士事務所で就職するケースが多い資格でもあります。
仕事内容と言えば、「社会保険や雇用保険の手続き」、「社内研修のプラグラム作成」... 続きはコチラ

行政書士
行政書士
行政書士という資格をご存知でしょうか? 以前、ある人気アイドルが主演したドラマのテーマーとして、話題になったので、名前くらいは聞いたことがある資格だと思います。
行政書士の仕事は、わかりやすく言えば、行政機関に提出する書類を代行して作成致します。 具体的には、「会社設立の書類」... 続きはコチラ

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、女性が非常に多い資格で、お金の専門的知識を持つ、金融の専門家です。 一見馴染みのない資格のように思いますが、列記とした国家資格で、人気資格でもあります。
その仕事内容とは、個人顧客にお金に関してのライフプランを提案...
続きはコチラ

通関士
通関士
通関士とは、輸出入業者の変わりに通関業務を代行して税関の手続きをする唯一の国家資格です。 この通関士の資格があることで、将来的には日本を支える輸出入の仕事に携われるので、女性だけではなく、男性にも魅力的な仕事と言えます。 それでは仕事内容はというと... 続きはコチラ

宅建
宅建
誰でも一度は聞いたことのある国家資格で、日本最大級の受験者数を誇ります。 女性の受験者が多く、不動産に限らず、様々な業界の方が受験します。 この宅建を取得する事で、不動産に関する専門的知識や法律が身に付き、不動産のスペシャリストとなる事が可能... 続きはコチラ

マンション管理士
マンション管理士
意外と知られていないのが、マンション管理士です。 良くマンションの管理人として間違われますが、まったく性質が異なります。 マンションの管理人は、マンション周辺の清掃や点検などを行い、資格は特に必要ありません。 しかし、マンション管理士は...続きはコチラ

簿記
簿記
簿記は民間資格でありながら、その知名度や受験数は日本最大級の資格となります。 多分、このサイトを見てくれている方の中には、簿記の資格を持っている方も少なくないはずです。 それでは簿記の資格を取得すれば、どのようなメリットがあるのか考えていきます...続きはコチラ

ITパスポート
ITパスポート
ITパスポートとは、インターネットが普及した今、社会人として最低限必要な 基礎知識やスキルを学ぶための資格です。 この資格を学習することで、パソコンをスムーズに扱う事が出来るようになり、ゆくゆくはエンジニアとして活躍することもできるようになる可能性があります。 ...続きはコチラ

カラーコーディネーター
カラーコーディネーター
インテリアやファッション、メイクにこだわりたいおしゃれな女性におすすめの資格といえば、代表格は「カラーコーディネーター」です。 あらゆる場面での「色」がもつ意味や、色同士の相性の良し悪し、色の活用の仕方など、【色に関する専門知識】は日常生活をはじめ、...続きはコチラ

旅行業務取扱管理者
旅行業務取扱管理者
「旅行が趣味」「旅行プランを組み立てるのが好き」「できれば旅行関係の仕事に就きたい」・・・などなど、総じて“好き”を仕事に活かしたい方の人気No.1といえば、おそらくダントツで「旅行業界」ではないでしょうか。これから旅行業界で活躍したい女性に...続きはコチラ