通信教育・通学講座での勉強法

まず、通信教育・通学講座で勉強する場合の本質を理解する必要があります。
これらのような教育機関を使って勉強すると、
効率良く勉強できるので、 大幅に勉強時間が短縮出来ます。

例えば、毎年出題されているポイントを教えてくれるので、そこを重点的に勉強できます。
また、法律や用語の説明をわかりやすく講義によって解説してくれるので、
意味がわからなくて、勉強が進まないという事がなくなります。
仮にわからない事があっても、質問すれば解決するので何の問題もありません。

しかし、その代わりお金がかかります。

つまり、通信教育や通学講座の本質と言うのは、「お金で時間を買う」ということなのです。

これは非常に大きなことです。

こういった資格勉強で挫折する人は、
「勉強時間が増える=挫折」という方程式が成り立ちます。
もし仮に、1時間の勉強で合格できるなら誰も挫折しません。

こうしたことを理解していないと独学で勉強して、挫折してしまうのです。

皆さんの目的は資格を取得する事ではなく、
その資格を利用して、 生活を豊かにすることです。
それなのに、資格に合格出来ない状態が続いていては、
いつもでたっても目的は 達成できません。
ですから、皆さんは通信教育や通学講座を受講して、勉強していく必要があります。

では、次に通信教育と通学講座どちらを受講すれば良いのか考え行きます。
基本的には、どちらを受講しても構いません。

ただ、あえて言うとすれば通信教育をオススメします。
何故なら、通信教育は良い学校の見極めが簡単だからです。

いくら、通信教育や通学講座を受講しても、内容の悪い学校を受講しては意味がありません。
下手をすると、お金を捨てる事にもなります。

より短期間で、そして確実に合格するには、
良い学校を受講する事が一番の近道なのです。

そう考えると、どうしても通学講座の場合は、
実際に受講して見なくては、 内容の善し悪しが判断できないので、見極めが難しくなります。
無料体験講座を受講する手もありますが、
それだけでは中々判断が出来ません。

対して、通信講座の場合、見極めがホームページ上でもできるので、
確実に良い学校を選ぶ事が出来ます。

詳しくは次のページで紹介しますが、
例えば皆さんも一度は聞いたことのあるCMで有名な 通信教育(ユー●●)があります。
そこは、CMのおかげでイメージが良いのですが、
実は講義が付いていません。

講義が付いていなければ独学と何も変わらないので、
自然と候補から外れます。

このようにいくつか選ぶ方法があるので、それに従えば良いだけです。

では次のページが通信教育選びのポイントを解説致します。

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は、企業で働く従業員を法律的な面からサポートするお仕事です。 一般的には独立開業型の資格ですが、企業や社会保険労務士事務所で就職するケースが多い資格でもあります。
仕事内容と言えば、「社会保険や雇用保険の手続き」、「社内研修のプラグラム作成」... 続きはコチラ

行政書士
行政書士
行政書士という資格をご存知でしょうか? 以前、ある人気アイドルが主演したドラマのテーマーとして、話題になったので、名前くらいは聞いたことがある資格だと思います。
行政書士の仕事は、わかりやすく言えば、行政機関に提出する書類を代行して作成致します。 具体的には、「会社設立の書類」... 続きはコチラ

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、女性が非常に多い資格で、お金の専門的知識を持つ、金融の専門家です。 一見馴染みのない資格のように思いますが、列記とした国家資格で、人気資格でもあります。
その仕事内容とは、個人顧客にお金に関してのライフプランを提案...
続きはコチラ

通関士
通関士
通関士とは、輸出入業者の変わりに通関業務を代行して税関の手続きをする唯一の国家資格です。 この通関士の資格があることで、将来的には日本を支える輸出入の仕事に携われるので、女性だけではなく、男性にも魅力的な仕事と言えます。 それでは仕事内容はというと... 続きはコチラ

宅建
宅建
誰でも一度は聞いたことのある国家資格で、日本最大級の受験者数を誇ります。 女性の受験者が多く、不動産に限らず、様々な業界の方が受験します。 この宅建を取得する事で、不動産に関する専門的知識や法律が身に付き、不動産のスペシャリストとなる事が可能... 続きはコチラ

マンション管理士
マンション管理士
意外と知られていないのが、マンション管理士です。 良くマンションの管理人として間違われますが、まったく性質が異なります。 マンションの管理人は、マンション周辺の清掃や点検などを行い、資格は特に必要ありません。 しかし、マンション管理士は...続きはコチラ

簿記
簿記
簿記は民間資格でありながら、その知名度や受験数は日本最大級の資格となります。 多分、このサイトを見てくれている方の中には、簿記の資格を持っている方も少なくないはずです。 それでは簿記の資格を取得すれば、どのようなメリットがあるのか考えていきます...続きはコチラ

ITパスポート
ITパスポート
ITパスポートとは、インターネットが普及した今、社会人として最低限必要な 基礎知識やスキルを学ぶための資格です。 この資格を学習することで、パソコンをスムーズに扱う事が出来るようになり、ゆくゆくはエンジニアとして活躍することもできるようになる可能性があります。 ...続きはコチラ

カラーコーディネーター
カラーコーディネーター
インテリアやファッション、メイクにこだわりたいおしゃれな女性におすすめの資格といえば、代表格は「カラーコーディネーター」です。 あらゆる場面での「色」がもつ意味や、色同士の相性の良し悪し、色の活用の仕方など、【色に関する専門知識】は日常生活をはじめ、...続きはコチラ

旅行業務取扱管理者
旅行業務取扱管理者
「旅行が趣味」「旅行プランを組み立てるのが好き」「できれば旅行関係の仕事に就きたい」・・・などなど、総じて“好き”を仕事に活かしたい方の人気No.1といえば、おそらくダントツで「旅行業界」ではないでしょうか。これから旅行業界で活躍したい女性に...続きはコチラ