試験の難易度C(2級FP技能士・日商簿記2級)

この難易度Cの解説をする前に理解してほしいことがあります。

まず、2級FP技能士と言うのは、ファイナンシャルプランナーの資格名称の事で、
1級~3級まであります。
今回は、2級の難易度について話を進めていきますが、
理由としては仕事で活かすためには2級以上の知識が必要になりますし、
1級を受験するには2級に合格しなければいけないからです。

次の簿記に関しては、日商簿記2級について話を進めていきます。
理由は、日商簿記は規模・知名度共に一番高く、2級以上の知識があれば、
各企業で必要な知識が身に付くからです。

以上のことを踏まえて、これからの解説を読み進めてください。

それでは合格率から見ていきます。
2級FP技能士は、3種類の合格率があり、
「学科試験のみの合格率」「実技試験のみの合格率」、
「学科と実技両方受験した場合の合格率」です。

FP技能士の試験は、学科と実技の2つの試験があり、両方合格しなくてはいけません。
ただ、どちらか片方だけ受験する事も可能で、一度合格すれば、
次の試験から合格したほうの試験が免除される仕組みになっています。

今回は、両方同時に受験した場合の合格率を紹介しますが
数字は19%~25%台となります。 やはり同時受験となると、
学習量が多くなり簡単に合格できる試験ではありません。

また、FP技能士は出題範囲が広く、勉強する項目は70以上もあります。
さらに、今までほとんどの方が勉強した事がない、
お金に関する知識ですので、 理解するまで非常に大変です。

ただ、その分深い知識を問われる事がないので、
学習量さえこなせば、試験攻略は十分可能です。

次の日商簿記2級の合格率は、毎回数字の変動が激しくなります。
低い時なら12%台、高い時なら40%もあります。

これは日商簿記特有のもので、その回によって試験の難易度が異なってしまうのです。
まぁイメージとしては、20%~30%と思っておけば良いでしょう!

日商簿記2級を攻略するには、工業簿記を理解できるかです。
工業簿記は2級から加わる科目で、苦手意識を持つ受験者が非常に多いようです。

確かに工業簿記は、通常の商業簿記と違い、仕組みが複雑でわかりにくさがあります。
ですが、仕組みさえ理解できれば、後は計算するだけですので、 攻略できたも当然です。

重要なのは、その仕組みを分かりやすく説明してくれる教材や講義があるかと言うことです。
得意不得意はありますが、それがなければ、日商簿記2級はかなり難易度の高い
試験になると思います。

ここで紹介した難易度Cは、それなりに難易度の高い試験ですので、
学習計画を立てて、それをしっかりと実行して下さい。

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は、企業で働く従業員を法律的な面からサポートするお仕事です。 一般的には独立開業型の資格ですが、企業や社会保険労務士事務所で就職するケースが多い資格でもあります。
仕事内容と言えば、「社会保険や雇用保険の手続き」、「社内研修のプラグラム作成」... 続きはコチラ

行政書士
行政書士
行政書士という資格をご存知でしょうか? 以前、ある人気アイドルが主演したドラマのテーマーとして、話題になったので、名前くらいは聞いたことがある資格だと思います。
行政書士の仕事は、わかりやすく言えば、行政機関に提出する書類を代行して作成致します。 具体的には、「会社設立の書類」... 続きはコチラ

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、女性が非常に多い資格で、お金の専門的知識を持つ、金融の専門家です。 一見馴染みのない資格のように思いますが、列記とした国家資格で、人気資格でもあります。
その仕事内容とは、個人顧客にお金に関してのライフプランを提案...
続きはコチラ

通関士
通関士
通関士とは、輸出入業者の変わりに通関業務を代行して税関の手続きをする唯一の国家資格です。 この通関士の資格があることで、将来的には日本を支える輸出入の仕事に携われるので、女性だけではなく、男性にも魅力的な仕事と言えます。 それでは仕事内容はというと... 続きはコチラ

宅建
宅建
誰でも一度は聞いたことのある国家資格で、日本最大級の受験者数を誇ります。 女性の受験者が多く、不動産に限らず、様々な業界の方が受験します。 この宅建を取得する事で、不動産に関する専門的知識や法律が身に付き、不動産のスペシャリストとなる事が可能... 続きはコチラ

マンション管理士
マンション管理士
意外と知られていないのが、マンション管理士です。 良くマンションの管理人として間違われますが、まったく性質が異なります。 マンションの管理人は、マンション周辺の清掃や点検などを行い、資格は特に必要ありません。 しかし、マンション管理士は...続きはコチラ

簿記
簿記
簿記は民間資格でありながら、その知名度や受験数は日本最大級の資格となります。 多分、このサイトを見てくれている方の中には、簿記の資格を持っている方も少なくないはずです。 それでは簿記の資格を取得すれば、どのようなメリットがあるのか考えていきます...続きはコチラ

ITパスポート
ITパスポート
ITパスポートとは、インターネットが普及した今、社会人として最低限必要な 基礎知識やスキルを学ぶための資格です。 この資格を学習することで、パソコンをスムーズに扱う事が出来るようになり、ゆくゆくはエンジニアとして活躍することもできるようになる可能性があります。 ...続きはコチラ

カラーコーディネーター
カラーコーディネーター
インテリアやファッション、メイクにこだわりたいおしゃれな女性におすすめの資格といえば、代表格は「カラーコーディネーター」です。 あらゆる場面での「色」がもつ意味や、色同士の相性の良し悪し、色の活用の仕方など、【色に関する専門知識】は日常生活をはじめ、...続きはコチラ

旅行業務取扱管理者
旅行業務取扱管理者
「旅行が趣味」「旅行プランを組み立てるのが好き」「できれば旅行関係の仕事に就きたい」・・・などなど、総じて“好き”を仕事に活かしたい方の人気No.1といえば、おそらくダントツで「旅行業界」ではないでしょうか。これから旅行業界で活躍したい女性に...続きはコチラ