資格の難易度A(行政書士・社会保険労務士・マンション管理士)

今回紹介した中で、最も試験の難易度が高いのがこの難易度Aです。
それぞれ、多少試験の難易度が変わりますが、
大体同じくらいだとイメージして良いと思います。

では、この3つの資格はどのくらい難易度が高いのかというと、
まず、合格率が全て1ケタ台です。
つまり、10人受験して1人も合格できなないと言う計算になります。

次に、それぞれの試験科目を注目してみると、
行政書士には難解な民法が入り、
出題範囲をまともに勉強していては、
とても1年や2年で終わらせることは出来ません。

また、行政書士は以前のように暗記では対応できない試験になり、
思考力が問われるようになって来ました。

社会保険労務士は、試験科目が8科目で、
しかもそれぞれの科目に合格基準があり、
全科目満遍なく勉強しなければ合格出来ません。
かなり、出題範囲が広いので、最低でも1年以上の学習期間が必要です。

マンション管理士の試験科目の特徴は、
テキストの載っている事が そのまま出題されることがないので、
暗記では通用しなく、 思考力が問われます。
もっとわかりやすく言えば、テキスト覚えた知識から答えを推測しなければ いけないのです。
ですから、より深い知識の理解が必要になります。

このようにこの3科目は、合格するのが非常に困難で、
しっかりとした学習計画を立て、学習時間を確保していかなくては、
とても合格する事が出来ない試験なのです。

しかし、それでも知識がまったくなくても、合格することは十分に可能です。
もちろん、1回の試験でパスすることも無理な事ではありません。

今回紹介した資格は、知識がまったくなくても合格できる試験を選びました。
試験によっては、司法試験、司法書士、税理士など、
3年・4年勉強しても合格できない試験もありますが、
それだと試験に合格するまでに挫折してしまいます。

重要なのはある程度難易度が高く、しっかりと勉強すれば合格できるが、
努力しなければ合格でない資格を選ぶ事です。
何故なら、簡単に合格できるような資格だと、合格者が増えてしまい、
資格の価値がなくなるからです。

逆にある程度難易度の高い資格だと、資格の価値が高まり、
合格するまでは大変でも、試験に合格さえすれば、
その分仕事の需要も高くなります。

どのような考えで勉強するかは、別のページで解説していますので、
そちらで勉強法を参照して下さい。

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は、企業で働く従業員を法律的な面からサポートするお仕事です。 一般的には独立開業型の資格ですが、企業や社会保険労務士事務所で就職するケースが多い資格でもあります。
仕事内容と言えば、「社会保険や雇用保険の手続き」、「社内研修のプラグラム作成」... 続きはコチラ

行政書士
行政書士
行政書士という資格をご存知でしょうか? 以前、ある人気アイドルが主演したドラマのテーマーとして、話題になったので、名前くらいは聞いたことがある資格だと思います。
行政書士の仕事は、わかりやすく言えば、行政機関に提出する書類を代行して作成致します。 具体的には、「会社設立の書類」... 続きはコチラ

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、女性が非常に多い資格で、お金の専門的知識を持つ、金融の専門家です。 一見馴染みのない資格のように思いますが、列記とした国家資格で、人気資格でもあります。
その仕事内容とは、個人顧客にお金に関してのライフプランを提案...
続きはコチラ

通関士
通関士
通関士とは、輸出入業者の変わりに通関業務を代行して税関の手続きをする唯一の国家資格です。 この通関士の資格があることで、将来的には日本を支える輸出入の仕事に携われるので、女性だけではなく、男性にも魅力的な仕事と言えます。 それでは仕事内容はというと... 続きはコチラ

宅建
宅建
誰でも一度は聞いたことのある国家資格で、日本最大級の受験者数を誇ります。 女性の受験者が多く、不動産に限らず、様々な業界の方が受験します。 この宅建を取得する事で、不動産に関する専門的知識や法律が身に付き、不動産のスペシャリストとなる事が可能... 続きはコチラ

マンション管理士
マンション管理士
意外と知られていないのが、マンション管理士です。 良くマンションの管理人として間違われますが、まったく性質が異なります。 マンションの管理人は、マンション周辺の清掃や点検などを行い、資格は特に必要ありません。 しかし、マンション管理士は...続きはコチラ

簿記
簿記
簿記は民間資格でありながら、その知名度や受験数は日本最大級の資格となります。 多分、このサイトを見てくれている方の中には、簿記の資格を持っている方も少なくないはずです。 それでは簿記の資格を取得すれば、どのようなメリットがあるのか考えていきます...続きはコチラ

ITパスポート
ITパスポート
ITパスポートとは、インターネットが普及した今、社会人として最低限必要な 基礎知識やスキルを学ぶための資格です。 この資格を学習することで、パソコンをスムーズに扱う事が出来るようになり、ゆくゆくはエンジニアとして活躍することもできるようになる可能性があります。 ...続きはコチラ

カラーコーディネーター
カラーコーディネーター
インテリアやファッション、メイクにこだわりたいおしゃれな女性におすすめの資格といえば、代表格は「カラーコーディネーター」です。 あらゆる場面での「色」がもつ意味や、色同士の相性の良し悪し、色の活用の仕方など、【色に関する専門知識】は日常生活をはじめ、...続きはコチラ

旅行業務取扱管理者
旅行業務取扱管理者
「旅行が趣味」「旅行プランを組み立てるのが好き」「できれば旅行関係の仕事に就きたい」・・・などなど、総じて“好き”を仕事に活かしたい方の人気No.1といえば、おそらくダントツで「旅行業界」ではないでしょうか。これから旅行業界で活躍したい女性に...続きはコチラ